かねしろ内科クリニック
糖尿病・脂質異常症・肥満専門外来・甲状腺専門外来

《 患者さまからの声 》

  1. vol.1
  2. vol.2
  3. vol.3
  4. vol.4
  5. vol.5
  6. vol.6
  7. vol.7
  8. vol.8
  9. 患者さまからの声TOP

患者さまからの声 vol.1

涙ぐましい母の努力

母がはじめて入院したのが、2年前の6月でした。
私が主人と二人で、居酒屋をはじめ、それを手伝いだしてから、2、3週間たった頃でしょうか。
脳梗塞でした。
ろれつがまわらず、何を言っているのかわからない状態でした。
すぐに病院に行き、東芝林間病院を紹介していただき、2、3週間入院したでしょうか。
おかげ様で後遺症も残らず、無事退院する事ができました。
以来、金城先生の診察を受け、栄養士の方にも食事療法を教えていただき、当初HbA1c値5.9%だった数値が、現在では5.3%にまで下げることができました。
ただ、そこにまで至るには、母は本当に大変な努力が必要だったと思います。
勿論3食はきちんといただきます。
しかし、そのおかずの味といったら・・・かつおぶし等でだしをとり、醤油、砂糖などの味付けはほとんどなし。
味噌汁を作っても味は薄め、ほとんどの食材は素材そのままの味といった具合です。
血圧の事もあるので調味料は、すべて減塩のものを使っています。
又、おやつですが、今まで大好きだったピーナツ入りのチョコレートも、月2、3粒くらい、ケーキなどもほとんど食べなくなりました。
フルーツ類も、1つのものを、2日位にわけて食べるようにしています。
それともう一つ、母特製の野菜ジュースを作って、朝、昼と分けて飲んでいるようです。
入っているものといえば、野菜と名のつくものは何でも入れ、少量の牛乳、又は水を入れてミキサーにかけています。
お友達にすすめたら、あんなまずいもの、私には飲めないと言われたそうです。
食事は自分で作っているので、魚、肉(鶏肉が主)、野菜、海藻類など、すべてまんべんなく少しずつ食べているようです。
又、かかせないのが、散歩で、雨の日以外は、毎日の様に1時間位歩いています。
最近では、老人会で習ったヨガを家の中で毎日しているようです。
等々、自分でできる限りの努力をしています。
それは、すべて、私にめんどうをかけまいという一心だと思います。
私も 母のその気持ちは十分理解しているので、月一回、第二火曜日の先生の診察を受けた夜は、家族で外食をし、ちょっとはめをはずして、お酒を飲み、楽しく食事をしています。
それが、月一回の母の楽しみなのです。