戻る
■ 夏のトラブル2014. 7.28


全国的に梅雨明けが宣言され、さらに暑い日が続いています。
より一層強い日差しがジリジリと肌に焼付きますね。
そんな時に気を付けたいのが、日焼けです。

日焼けはれっきとした「やけど」なのです。

ひどい時には、皮膚が真っ赤に腫れ、痛みがあり、水ぶくれができてしまいます。
日焼けの炎症がひどい時に、果物や野菜でパックをしたりアロエを貼るのは危険です!
その刺激でかえって炎症がひどくなり、感染を起こしてしまうこともあるのです。

真っ赤に日焼けしてしまったら、患部をよく冷やし皮膚科等の専門の先生に
すみやかに診てもらいましょう。