戻る
■ 1年に1度2014. 7. 7

本日7月7日は織姫と彦星が年に一度逢うことが出来る日。そう、七夕です。
なんと、2人の間には約140兆kmもの距離があるのだそう。
これは東京−ニューヨーク間(約1100km)の129億倍です。
七夕は梅雨時期ということもあり、
7月7日の夜が晴れだったのは東京で過去20年中4回だそうです。
七夕前日の雨は、彦星が織姫に逢いに行くための牛車を洗っていることから、
洗車雨といいます。
七夕当日の雨は無事に逢えた2人が別れを惜しみ涙している。または、
逢うことのできなかった悲しみの涙から酒涙雨(催涙雨)といいます。
さて、現在の相模原のお天気は曇り..。
2人は無事に逢うことが出来たのでしょうか。