かねしろ内科クリニック
糖尿病・脂質異常症・肥満専門外来・甲状腺専門外来

《 かねしろ先生かく語りき~シリーズ ザ ・生活習慣病 》

  1. 第01弾~第10弾
  2. 第11弾~第20弾
  3. 第21弾~第30弾
  4. 第31弾~第40弾
  5. 第41弾~第50弾
  6. 第51弾~第60弾
  7. 第61弾~第70弾
  8. 第71弾~第80弾
  9. 第81弾~第90弾
  10. 第91弾~第100弾
  11. 第101弾~第110弾
  12. 第111弾~第120弾
  13. 第121弾~第130弾
  14. シリーズ ザ ・生活習慣病TOP
  1. 第01弾
  2. 第02弾
  3. 第03弾
  4. 第04弾
  5. 第05弾
  6. 第06弾
  7. 第07弾
  8. 第08弾
  9. 第09弾
  10. 第10弾

シリーズ生活習慣病 第02弾!

前回に引き続き「糖尿病」についてのお話をします。
現在、糖尿病の患者さんは740万人、境界型糖尿病(いわゆる予備軍)の人を含めると、
日本の成人6.3人に1人、花粉症と同じ位の国民病となっています。
「糖尿病になっている」のに認識がなく、医療機関を受診していないケースが多いのが問題です。
先日も外来で「データが気になるから夫の精密検査をして欲しい」とデータを見せられ驚きました。
すでに糖尿病になっていたのです。
健康診断では、空腹時血糖(正常値110mg/dl未満)しか測らない場合もあり、値が109でも「正常」と判断されます。しかし、完全に正常の方のほとんどは100を越えません。
そのため、糖負荷試験でインスリン濃度までチェックしたり、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)といって過去1~2ヶ月の血糖の平均を測るのが重要です。
この時、HbA1c(正常値4.3~5.8%)が5%台だと境界型の可能性が高いです。
運動不足で太り気味の方、血縁に糖尿病の方がいる場合、あるいは健康診断でHbA1c5.0~5.8%の方も境界型の可能性があります。
ぜひ一度精密検査を受けてみて下さい。